猫の気持ちは耳の動きでわかる?驚異の性能と感情表現の見分け方の紹介

猫の耳って不思議だと思いませんか?
耳だけが横向いたり、後ろへ向いたりピクピク動いているとき!

その時、あなたはこんなことを思いませんか?

  • なに考えてるんだろう?
  • どんな気持ちなんだろう?
  • 触っても大丈夫かなぁ~?

と!

おしゃべりができない猫は鳴くこと、耳を動かすこと、
目で訴えること、シッポを動かすことで猫は気持ちを表現します。

今回は「猫の耳」を紐解いていきたいと思います。

では「猫の気持ちは耳の動きでわかる?驚異の性能と感情表現の見分け方の紹介」
を説明していきます。

 
 




スポンサーリンク


 

猫の耳の性能

猫は人と同じように五感を持ち合わせています。

「視覚」「臭覚」「触覚」「味覚」「聴覚」です。
この中で抜きんでているのが「聴覚」なのです。

猫の耳は、人では考えられない筋肉が数多くあります。
そのため、細かい動きができます。

頭を動かさないで、耳だけを動かすのは猫の特権です。

余談ですが、猫と同じように耳を動かす動物がいます。
それは「ハムスター」です。

猫はその動く耳で、音を聞き分け、獲物の位置や、距離、
高さなどを把握すことができます

聴力は(周波数で)人で約2万Hz、犬で約4万Hzと言われてますが、
猫は約6万Hzまで聞き取ることが可能なのです。

だから土の中のネズミが動く音や、鳴き声も聞くことができるのです。

苦手なのは男の人の声!低音の音を聞き取ることが苦手です。
その反面、高音で話す女の人の声は大好きです。

猫の耳は三半規管がすごく敏感

猫が高い所から飛び降りても、ケガをせず、綺麗な着地ができるのは
優れた三半規管を持っているからです。

 

耳の感情とその時の動き

あなたは、猫の気持ち=感情が耳の動きでわかるって知ってますか?

猫の耳は完全にリラックスしているとき以外は、
ピクピク・パタパタと動いているので気がつかないと思いますが
耳の動き方で、その時の感情が分かるんです。

 

前を向いてピーンと立っている

両耳がピーンと前に向いて立っています。
猫が何かに興味を持っているときに見られます。

興味津々

興味津々で物を見つめている
ワクワク感が出ています。

外猫さんの場合

同じ耳の向きですが、警戒心を表すサインです。

構ってほしくない状態なので、
手を出さず静かにその場を離れましょう。

 

横に向いている

お気に入りの場所でリラックスしているとき
甘えたい、頭をなでてほしい時、寝ているときです。

 
寝落ち寸前
 

あなたの膝の上でくつろいでいたら、優しくなでてあげましょう。

猫が1匹でお気に入りの場所に居るときは、すごく幸せそうな顔をしているはずです。
そっとしておいてあげましょう。

 
 




スポンサーリンク



 
 

後ろ向きで真横の場合

恐怖心でいっぱいです。

多頭飼いの場合、性格が合わない猫と鉢合わせになった時、
大きな物音がしたとき、知らない猫が目の前に現れた時に、
後ろ後ろ向きで真横に耳がきます。

あなたが側にいるのならば、猫の恐怖心や不安を取り除いてあげましょう。

猫に優しく話しかけるのも効果がありますよ。

 

耳がパタパタと前後左右に動く

たまに、猫の耳がパタパタと前後左右に動くことがあります。

あれなんだろう?興味はあるけど、ちょっと怖いかも・・」な時です。

 
気になる
 

猫が「その物」に対して、情報不足を補っているときに
よく見られます。

猫はいつもと違って、ちょっと神経質な状態です。

あなたがこの状態の猫を見かけたら、優しく声をかけてあげて
その見つめている「物」に対する不安を探してあげるのもいいですよ。
声をかけるだけで、落ち着く猫もいますからね。

 

耳が後ろへ向いてペタッと寝ている

怒りや恐怖心、不安、威嚇な気持ちの時です

頭とほぼ同じ高さで耳を寝かせて、耳が後ろへペタッと寝ている時は
怒りマックス状態です。

敵とみなした「物」が目の前にいる!
突然の大きな音がした!

このような場合も、あなたが声をかけてあげて落ち着かせてあげましょう。

この耳の状態とほぼ一緒で、耳先が下へ向いているときがあります。
この時は

  • 参った!
  • ごめんなさい、あたしの負けです!
  • このまま、見逃して~

この時の気持ちは、恐怖や不安が強い時です。

この時も、あなたが声をかけながら落ち着かせてあげることが一番です。
猫の前にいる他の猫や物から離してあげましょう。

 

外側を向いて耳がピンと後ろを向いている

攻撃態勢です。

獲物や、他の猫に向かって「いくぞ~~!」な状態です。


耳を大きく見せて、猫自身の体を大きく見せる(逆毛立つと言います)行動をおこします。

この時は、あなたが手を出すと流血しますから、
少し落ち着くのを待ちましょう。

耳がピクピク動く

イライラ、不満なときに見られます。

猫の耳の周りで、「か(血を吸う)、虫」などが、飛んでいるときに
猫がイラっ!としているときに見られます。

あなたが猫を呼んだときに、耳がピクピク動くことがあると思います。
その時「な~に~?動くのはめんどくさ~い、聞こえてるよ~!」
な状態です。(苦笑)

後、部屋の中で人が落ち着きなく動いているときにも見られます。

ただし、しょちゅうピクピク動かしていたら、
病気の可能性があるので注意が必要です。

 

終わりに

獲物を捕まえたり、高い場所から落ちてもケガをしない、
気持ちを表したりと、大事な役目を担っている「猫の耳」
野生で生き残るためには必要不可欠なことだったのです。

猫が家の中でどこにいるかすぐわかるようにと、鈴付きの首輪を付けているあなた。
猫が音に敏感、または神経質ならばその首輪は、ストレスにつながることがあります。

嫌がるようなしぐさが見られたら、首輪は外すか、しないでおきましょう。

いかがでしたか?「猫の気持ちは耳の動きでわかる?驚異の性能と感情表現の見分け方の紹介」
まだあなたが猫を飼い始めて間もないのであれば、今日の記事を参考にしてくださいね。

おまけ

猫飼い仲間では「猫の耳は地獄耳!」とよく言いますが、
今日の記事で「なるほど!あてはまってるやん!」な我が家の猫達。

3匹いる中で、1匹でもおやつをあげようものなら、
違う部屋から(ひどい時は2階から)ダッシュでやってきます。

この行動で、猫の耳が三半規管が優れてるからだと再認識しました。

多頭飼い、隠れておやつをあげるは、至難の業!

 
 




スポンサーリンク


ABOUT ME
oban
猫の種類・猫の健康とケア・動画など猫に関する日記です。美容・健康・ストレッチもたまに出没