猫の種類・猫の健康とケア・動画など猫に関する日記です。美容・健康・ストレッチもたまに出没

コネコ~ネコネコ~モフモフダイアリー

口呼吸 病気

猫が口を開けて、ハッハッ!と口呼吸をしているけど病気?

更新日:

ご機嫌で遊んでいた猫を見たら、

「へっ?犬みたいに口を開けてハッハッ!っと呼吸しているけど、どうしたん?」

この状況に陥たあなたは、びっくりして焦ってませんか?

猫も暑い日中に、遊びに熱中して興奮状態になると、

「ハッハッ!」と口を大きく開けて口呼吸をすることがあります。

まずは慌てずにあなたが、行動を起こすことが大切ですよ!

今回は「猫が口を開けて、ハッハッ!と口呼吸をしているけど病気じゃないよね?」を

見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 
 

口呼吸をする原因

 

犬は、口を開けて「ハッハッ!」しているのを、よく見かけると思いますが

あなたは「猫は基本、鼻呼吸」って知っていましたか?


鼻で満足に呼吸ができないときに、口呼吸をするんです。

猫が一つのことに夢中になりすぎて

口呼吸をしている場合病的な口呼吸が考えられます。

 

 

興奮状態になっている。

夏場の暑い時期に見られます。

おもちゃを追いかける、兄弟姉妹で遊びに夢中になっている。

この時の口呼吸は、犬と同様に猫が体温を下げようとする行動です。

この行動は本来、猫ではめったにみられませんが、

猫が興奮状態に陥るとみられます。

 

応急処置にはなるとは思いますが・・参考までに

我が家の猫達は子猫の時、遊びをやめるタイミングが分からず

この「ハッハッ!」状態になったことがあります。

この時は、とにかく冷たい床に這いつくばらせて、扇風機を当てて

肉球を冷やす(水道水で濡らしたタオルを巻きつけて)

この行動がよかったのか?いまだに疑問ではありますが

20分もすれば落ち着きました。

応急処置にはなると思いますけど、脱水症状があるかもしれませんから、

猫が落ち着いたら、病院へ連れて行ってあげてくださいね。

 

ストレスから口呼吸になっている

猫がストレスを感じて、口呼吸になった

あなたはこの「ストレス」に気がついたことがありますか?

分かりませんか?

あると思うんですけどね~。

猫を動物病院へ連れて行ったとき!

 

 

どうですか?思い当りましたか?

猫も犬も人も「病院」は嫌いです!

私の場合、歯医者が嫌い!です(笑)

 

猫や犬は年に一度は、ワクチン接種でご厄介になるんですが、

病院へ行く」ことが、ストレスになります。

狭いキャリーバックに入れられ、車に乗せられ、

病院へついたら、知らない犬や猫がわんさか!

知らない匂いも鼻につき・・

興奮状態や不安感で緊張状態になり、これがストレスの原因になります。

この時は、自宅に戻ると1時間ぐらいすれば、落ち着いてきます。

 

スポンサーリンク

 
 

病気の疑い

 

猫は普段、鼻で「スースー」とゆったりと呼吸をしています。

えっ?わからない?

猫のお腹を見てください。

ゆっくりと上下に動いているでしょ?

 

ゆっくりと動いてるお腹が、暑くもなく運動もしてないのに

せわしなく動いていると、口呼吸をしているサインです。

 

特に気をつけて見てほしいのは

  • 口を開けて呼吸している。
  • せわしなく呼吸している。
    (口を開けてハッハッと呼吸をしている)
  • 息を吸ったり吐いたりが苦しそう。
    猫はしんどいので、体を左右に動かしていませんか?
    いつもいじょいうにおとなしいと思います。
  • 呼吸をするとき「ヒューヒュー・ビュービュー」など雑音がする。
    (鼻がつまっているかもしれません)

などが猫に見られる症状です。

 

 

呼吸器の病気

「猫の呼吸器ってどこまで?」これは、私もあいまいだったのですが
(猫をうん十年飼っていて人と違うと決めつけてたの(苦笑))

ネットで調べると、「鼻腔から、のど、気管、気管支、肺まで」のことを言います。

猫が口呼吸をするときは、何らかの原因で呼吸器の病気を発症しているサインなのです。

 

病気は、動物病院へ行ったときによく聞く病名と症状です。

 

  • 鼻炎: くしゃみ、鼻水が多く出ます。 鼻水は最初はさらっとしていますが、
    徐々に、ネバ~っとした鼻水に変わります。
  • 副鼻腔炎: 鼻炎が悪化し炎症が副鼻腔まで広がります。
    数週間以上黄色いドロッとした鼻水がでます。
  • 咽頭炎:のどに炎症が起こり、咳が出ます。
  • 気管支炎: 発熱があり(猫を触ると熱く感じます)
    嘔吐のような姿勢で咳をします。
  • 肺炎: 気管支の炎症が肺まで広がって、ゼイゼイと苦しそうな呼吸をします。

このような症状になると、猫が動けなくなり命さえも危ぶまれます。

 

猫を見てると気づくと思いますが、食欲が落ちてきます。

猫の食欲が落ちる=体重が減る!

体重が減ると、猫の運動量も減り体力も落ちてきますから
出来るだけ早く病院へ行きましょう。

 

 

 

命にかかわる病気かも

まさか、猫が口を開けて「ハッハッ!」と口呼吸をしているだけで・・

と思わないでくださいね。

意外と、病気が隠れている場合があります。

 

  • 心筋症: 心臓の筋肉が正常に働かなくなる病気
  • 肺水腫:肺に水が溜まって口呼吸します。
  • 悪性リンパ腫: 猫に多いと言われているリンパ腫。
  • 肺の間に出来る縦隔型(胸腺型)では胸水がたまり、
    呼吸がくるしくなり咳をする子もいます。
  • 猫によっては、食欲低下、下痢、嘔吐などの症状がみられることもあります。

猫が上記のような症状を引き起こすと、鼻がつまりご飯の臭いが感じにくくなります。

また、短期間で猫の命を奪ってしまうこともありますから、

出来るだけ早く病院へ行って、治療をしましょう。

 

 

おわりに

 

猫が口呼吸をしているときは、迷わずに病院へ連れて行ってくださいね。

「遊んだ後だし、運動した後だし」で、終わらせないでくださいね。

何もしていないのに、猫が口を開けて「ハッハッ」と呼吸をしているときは

迷わずに、病院へ連れて行きましょう。

知らない間に、猫が何らかの病気を発症しているサインかもしれませんよ~。

 

 

おまけ

猫をリードをつけて外へ出しているあなたへ。

夏場の雨上がりに外へ出すのは危険です!

雨が上がって日が差すと、

地中の熱が蒸気になって空気中に移動しますよね?

その熱は地表に近い、猫の体全体を覆っています。

 

 

熱せられた空気を、猫は鼻から体の中に取り込んでしまうので、

鼻腔から肺までの器官が異常な働きをします。

 

雨上がりに、リードをつけて猫を外へ出す。

この行動はあなた自身が、猫の命をも奪いかねない行動なので、
絶対にしないでくださいね。

スポンサーリンク

人気ブログランキング



この記事へのコメント

確認ページはございません。内容をご確認の上
チェックを入れて送信ボタンを押してください。

-口呼吸, , 病気
-, , , ,

Copyright© コネコ~ネコネコ~モフモフダイアリー , 2018 All Rights Reserved.