猫の種類・猫の健康とケア・動画など猫に関する日記です。美容・健康・ストレッチもたまに出没

コネコ~ネコネコ~モフモフダイアリー

費用

猫を飼うと毎月かかる費用は?生涯費用は?急な出費は?金額提示します!

更新日:

猫を飼いたい!

猫好きならば、誰しもが思うことですよね。

特に、友達の家で猫を撫でた後とか、

「にゃーん(懐)」

とか人懐っこい猫に町中で足にすり寄られた時とか。

猛烈に猫を飼いたくなったりします。

しかし、猫を飼うとなったら、
事は簡単ではありません。

家で飼うとか。
外で飼うとか。
同居人のこととか。
賃貸、持ち家などの環境とか。

あと、大きいのが費用ですよね。

あまり考えたくはないところですが、
「初めまして」から「さようなら」まで、
いったい、いくらくらいの費用が掛かるものなのか。

我が家には健康な猫が2匹、先天性ウイルス保持猫が1匹
合計3匹の猫がいます。

初期費用にお金がかかりましたが、毎月の費用はご飯代・トイレの猫砂代ぐらいです。

先天性ウイルス保持猫の場合は、毎月の薬代が別途かかりますが、その他は健康な猫と同じ費用です。

初めて猫を飼う人は、最低必要なグッズ・物をそろえてしまえば
後は、壊れたときに買い替えるぐらいなので、それほど費用はかかりません。

今回は健康な猫1匹飼う場合と、先天性ウイルス保持猫(リンゴ猫と言います)1匹飼うと、
どれくらいの初期費用・毎月の費用・急な費用・生涯費用がかかるのか?みていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

猫を飼うのにかかる最低初期費用

今の猫を迎えて早6年目!今回初めて計算します(結果が怖いわ~)

初期費用

健常な猫 リンゴ猫
トイレ 980円 980円
ご飯用食器 500円 100円
お水用食器 100円 100円
キャリーバック 7000円 4000円
つめとぎ 980円 980円
キャットフード ドライタイプ
700円
猫缶
ウエットタイプ
1パック3缶入り
198円
ドライタイプ
療養食4Kg
4800円
首輪 1500円 1500円
合計 12758円 13260円

 

我が家の初期費用は最低必要なグッズは、できる限り安いもので済ませています。

「どうせ買い替えるのならば、安くいこうぜ~」な、考えなので。

トイレは子猫用は購入していません。

子猫は半年もすれば、大人ネコさん並みに成長しますから、
赤ちゃん時代は、踏み台としてトイレのそばに雑誌を置いていました。

お水用食器ですが、百均のバケツ(人間の子供が遊ぶ砂場用のバケツ)です。

ご飯用食器は、安定感がある陶器のお茶碗です。

キャリーバックは、健康猫用は2匹同時に運べるキャリーバックです。

リンゴ猫用は男の子なので、ソフトタイプだと破壊してしまったのでハードタイプのバックです。

つめとぎは、3か月に1度買い替える安いタイプです。

キャットフードですが、健常猫は市販のドライフードとウエットタイプの猫缶を用意しました。

リンゴ猫は、保護して1か月後には「巨大結腸」と診断されたので
療養食で計算しています。

首輪ですが、我が家は衝撃で外れるタイプではありません。
その分、金額が高くなっています。

 

タワーキジトラ猫 み~ 日本猫 種類

 

医療費

子猫で迎えたので

  • ワクチン接種代(3種混合ワクチン)2回分 5000円×2=10000円
  • 避妊手術代 女の子 19000円
  • 去勢手術 男の子 12000円
  • ニャンドック(猫の健康診査 一般)2500円
  • 合計 女の子 31500円 男の子 24500円

 

医療費ですが、関西在住の我が家の金額です。

また動物病院は、24時間体制の病院なので割高かもしれません。

地域によっては、これ以上出費が増えるかもしれません。

医療費は、先に受診したい動物病院へ連絡を入れて、
ワクチン接種等の金額を確認してから、受診されることをお勧めします。

避妊・去勢手術は猫の病気を防ぐことになります。

年2回の発情も抑える効果があります。

特に男の子の「マーキング行動」オシッコでの匂い付け・自分の縄張り主張が抑えれます。

市町村によっては、避妊・去勢手術に助成金を交付しているところもありますので、
お住いの市町村に問い合わせをして下さい。

 

スポンサーリンク

 

後から必要となるグッズリストと諸費用

  • ブラシ(短毛用) 980円
  • つめ切り 1280円
  • 歯磨き用品おやつ グリニーズ135g 3P入り 1680円
  • リンゴ猫用歯磨き ビルバック(Virbac)
    猫用 酵素入りビルバックチュウ 70g 1541円
  • ノミ・ダニ対策用品
    猫用フロントライン 6p入り 3990円
  • シャンプーINリンス 980円
  • 消臭スプレー 880円
  • おもちゃ 980円
  • キャットタワー 14000円
  • 諸費用合計 26311円

 

初期費用+医療費+諸費用=106,029円

健常猫1匹とリンゴ猫で10万円越え!

初めて計算して、こんなにかかっていることにびっくり!

猫を初めて飼おうと思っている方は、しっかり計画を建てて猫ちゃんを迎えてくださいね。

 

 

 

毎月の費用

健常な猫 リンゴ猫
ドライフード 700円×3=2100円 療養食4Kg入りを
月で割った金額
2500円
ウエットフード 198円×2=396円 基本なし
猫用歯磨き 基本なし 猫用 酵素入りビルバックチュウ 70g
1541円
猫砂 18Kg 鉱物性
789円
5Kg 鉱物性
600円×2=1200円
医療費 年に一度のワクチン接種代
ニャンドックのみ
便秘解消薬・診察代
9000円

 

合計 14241円

さすがにリンゴ猫ちゃんは、金額が高くなりますね。

リンゴ猫ちゃんが、快適に生活するには必要不可欠な金額なので
我が家ではこの金額は、苦痛ではありません。

 

急な出費

  • 健常猫1匹が交通事故にあったとき
  • 1週間入院 酸素室使用(2日) 処置代 薬代
  • すべて込みで、140000円

 

  • ペット保険に入っていたので、実質42000円の負担で済みました。

 

  • リンゴ猫ちゃんは、すべて実費です。
  • 便秘の時の金額です。
  • 診察代・レントゲン代・処置代・薬代で 19000円

 

保険に加入していない場合は、1匹につき最低でも月1000円は、
猫のための貯蓄をしてください。

ペット保険に加入を考えているのなら、色々なプランがありますので
資料請求して、考えてみてください。

 

 

生涯費用

これから10年 猫生を送ったと仮定しています。

  • 健常猫の場合
  • 毎月の費用 3285円×12か月=44220円
  • 1年分 44220円×10年=442200円

 

  • リンゴ猫の場合
  • 毎月の費用 14241円×12=170892円
  • 1年分 170892円×10年=1708920円

 

消費税・医療費・保険代は含んでいません。

理由は猫が年老いていくと、出費額は高額になります。

備えとして猫の年齢が7歳を超えたら毎月1000円(1匹分)は少額ですが、
貯蓄しておいた方がいいと思います。

後、電気代がかかります。

完全室内外の猫ならば、夏は日中は冷房を入れたままになります。

冬は寒いので、コタツなどの暖房器具の電気代がかかります。

金額はいつもの電気使用金額の、10000円プラスと思っていただけたらいいです。

 

おわりに

猫にかかる毎月の費用・生涯費用・急な出費の、我が家の金額を計算してみましたが

いかがでしたでしょうか?

先天性ウイルスをもって、生まれてきた子はもう少し費用がかかります。

この金額を見て、「命をお金で測るとは、何事や!」と憤慨される方もいるかもしれません。

 

今回示した我が家の金額は決して少ない金額ではありません。

健常猫であれ、先天性ウイルスを持って生まれきた猫であれ、

健やかに暮らしていけるように養う“義務”が飼い主である私たち人間にはあるのです。

そのためにはどれだけのお金が必要であるのか、大まかでも把握しておくことは非常に重要課題なのです。

スポンサーリンク

人気ブログランキング



この記事へのコメント

確認ページはございません。内容をご確認の上
チェックを入れて送信ボタンを押してください。

-, 費用
-

Copyright© コネコ~ネコネコ~モフモフダイアリー , 2018 All Rights Reserved.