ホーム

マンチカンの値段はいくら?ブリーダーとペットショップでの違いは?里親という選択肢も!

 

 

マンチカンは短い足が特徴で、アメリカが発祥の地です。

短い足のわりには良く動き、高い所へも難なくのぼります。

短足のマンチカンが有名ですが、マンチカン全体では約3割で、

約7割は、中足・足長マンチカンです。

 

気になるマンチカンの値段は、

 

ブリーダーで平均7万円~40万円!前後

ペットショップでは、平均15万~30万円!前後

ひゃ~、高いですねぇ~!

違う手段として里親募集サイトでもマンチカンを探してみましょう。
 




スポンサーリンク


 

値段の違いの理由

 

共通して言えること

値段が高い

短足の子猫である

人気の毛柄、毛長である。

 

値段が安い

中足・足長で成猫である。

 

 

ブリーダー

 

平均7万円~40万円!前後

メリット

マンチカンのみを販売している。

短足の子猫を販売している。

猫の飼育の環境が整っている。

衛生面でも、気配りができている。

純血種のみを扱っている。

公認しているサイトに登録している。

公認サイトとは、世界最大の猫の血統登録機関TICA(通称=TICA(テイカ))です。

たぶんですが!マンチカンや他の純血種の猫を販売されている

ブリーダーでは、TICAの認定書を掲げて販売されていると思われます。

認定書があるブリーダーだとお値段も相応ですが、安心できますね。

動物取扱業者登録番号も取得済みであると、もっといいですよ。

 

 

 

デメリット

 

ブリーダーは個人宅でしているところがほとんどなので、見学の予約をしていくことになります。

その時子猫がいない状態になることがあります。

売れてしまった、予定より出産が遅れているとか、

このような場合、連絡をくれるブリーダーならOKですが

連絡無しのブリーダーから、購入するのはやめましょう。

 

違う純血種の猫がいる場合。

 

掛け合わせになってしまうことがある。

いろんな、猫種が家にいるのもNGだと思います。

購入後もフォローがきちんとできるか、

この辺りも、見学したときにきちんと確認しましょう。

 

ペットショップ

 

平均15万~30万円!前後

短足の子猫は、店頭に並ぶと数日中に売れてしまいます。

そのため、少し大きくなった猫(それでも、5~10か月ぐらいの子猫)で、

中足・足長マンチカンが、安すく販売されています。

 

メリット

見学がすぐできる。

その場で、猫を触ることができる。

猫を飼うのが、初心者でも必要なグッズが揃う。

分からないことは、店員さんに聞ける

 

デメリット

 

ブリーダーと違い、飼育環境が良いとは言えません

ショップでは、多種多様な動物を販売しているので

感染症などの病気が疑われます。

個体差にもよりますが、両親・兄弟姉妹から、早い段階で

離されてしまうので、精神状態が不安定な仔もいます。

猫を飼うのが初めての方は、店員さんに必要もないものまで進められて

購入してしまう恐れがある。

即決せず、じっくりと考えて購入してくださいね。

 




スポンサーリンク


 

 

里親募集サイトで探してみましょう。

 

マンチカンの値段の高さにびっくりした、そこのあなた。

里親募集サイトを見てみませんか?

里親募集サイトは、個人で保護活動をしている方と保護団体とにわかれます。

その方たちが、インターネットを通して里親募集をされています。

 

 

 

住居に近い地域を選択して、検索するといいですよ。

では、検索してみましょう。

 

ペットのお家

子猫がいますね。短足ですよ!

ちなみに猫は誕生してから1年未満だと、子猫扱いになりますからね。

 

里親募集

こちらは、全国版となっています。

地域を選択して検索してくださいね。

成猫さんは、いますね~。

でも、数が少ないですね~全国で7件ですよ!

もしかしたら、里親さんが決まってるかもしれないし・・不安だ

成猫は性格もはっきりしているし落ちついているので、飼いやすいですよ。

 

今お住いの近くの里親サイトなら、応募してみませんか?

里親募集サイトをこまめに、チェックしていたら、

ごくまれに、子猫のマンチカンに出会えるかもしれませんよ。

ただし、その場合は有償になる場合がありますから、

確認をしてから、応募してくださいね

ほかの情報では、里親募集型猫カフェもあります。

関東の方では神奈川と東京で猫と触れ合うなら、れおん&にゃんくる

 

関西ではネコリパブリック 大阪 心斎橋(ネコビル)店

関西では「猫ビル」で有名です。

このネコリパブリックは全国に店舗がありますので

近隣の店舗を探して、この休みにでもお出かけしてみてください。

(予約が必要です。各店舗情報で確認お願いします。)

 

 

 

デメリット

 

子猫の可愛い時期を一緒に過ごせない。

募集先で審査があり、これまでにかかった費用を請求されることもある。

金額は、約1~5万円を見ていたらいいと思います。

(募集サイトで金額は違いますから、確認してくださいね)

里親募集のマンチカンは、何らかの理由で飼えなくなった猫ですから

どのような精神状態か、年齢は?病気の有無はと悩むこともあります。

本当にマンチカンが飼いたいのならば、すべてを受け入れる根性と

優しい、愛おしいという気持ちをもって、

家族として迎えてあげてください。

 

どうしても子猫から!っていう、あなた!

さっさと、ブリーダー・ペットショップへ行きましょう!

(きつい言い方ですんません)

 

おわりに

 

マンチカンを飼うにあたって別途必要な費用は、

ワクチン接種代・餌代・トイレ(匹数+1個)・去勢・避妊手術代・

ペット保険に加入するなら保険代・おもちゃ代・食器代と

あげればきりがありません。

ブリーダー・ショップからマンチカンを購入するのなら

最低でも約6万円は多く見積もっておきましょう。

 

里親募集サイトから譲渡してもらうならば、

かかった費用以外に、約1~5万円を見ておきましょう。

費用の面からみても、里親募集サイトの方が安く済みます。

どうか、選択肢の一つとして里親募集サイトを活用してください。

同じ「マンチカン」なんですから!

 

おまけのおまけ

 

本日の画像はすべて

FC2ブログ:マンチカン虎麦&ほたる、時々虎鉄をよろしく!

kotetsuママさんから、お借りしました。

 




スポンサーリンク


ABOUT ME
oban
猫の種類・猫の健康とケア・動画など猫に関する日記です。美容・健康・ストレッチもたまに出没