ホーム

冬こそ、顔も体も乾燥肌をから守る重要な保湿対策の解説。

外の空気が乾燥しやすい冬!

室内では、夏も冬もエアコンなど部屋が乾燥する器具が使用されることもあって、

どこにいても湿度不足…。

特に冬は気温が低く肌細胞の新陳代謝を低下させてしまい、肌が皮脂を作る力もダウン。

バリア機能の要となる天然のクリーム(皮脂膜)が不足しがちになります。

そうすると私たちの体は、ちょっとした刺激にも敏感になり、肌の乾燥やかゆみを感じてしまうようになります。

今回は、これからの時期に必要な

顔も体も乾燥肌をから守る重要な保湿対策の提案です。
 




スポンサーリンク


 

なぜ顔や体が乾燥するのか?原因

 

出典:http://anext.club出典:http://anext.club

 

『体がかゆい!肌が乾燥してる!』原因の大半は生活習慣にあります。

ストレスも生活を荒れさせる原因の一つです。

肌の乾燥やかゆみを防ぐには、とにかく保湿!

『保湿クリームを塗っておけばお手入れは万全』なんて思い込んでいませんか?

もちろんスキンケアは大切です。

それでも生活習慣の中には肌の乾燥・かゆみ・肌荒れの原因は潜んでいるんですよ。

乾燥を放置してしまうと、肌は厚く硬くなりシワも増えていきます。

前述しましたが低い気温は肌細胞の新陳代謝を低下させてしまいます。

肌が皮脂を作る力もダウンします。

そうするとバリア機能の要となる天然のクリーム(皮脂膜)が不足しがちになります。

慢性的な乾燥で肌の老化はぐっと進んでしまいます。

寒い季節は肌トラブルが深刻化しないうちに、万全の乾燥対策を心がけて肌を守りましょう。

身体を洗ってから、お湯につかろう

お湯につかってから身体を洗うと肌の潤いを守るための成分が流れ出てしまうためです。

また、ゴシゴシと体を洗うと全身のかゆみやひび割れなどにもつながってしまうので気を付けてくださいね。

一番いいのは、石鹸を泡立てた後、手をスポンジ代わりにして手で洗うようにしましょう。

洗顔する要領と同じで石鹸をしっかり泡立てれば手でも十分に汚れを落とすことが出来ますよ。

冷え対策などで長風呂をする人は、入浴後、

いつも以上に保湿をしてあげることを心がけましょう。

お風呂

朝風呂はできるだけしないようにしましょう。

朝風呂には注意することがあります。

それは、朝は体が目覚めるのに時間がかかります。

血圧も低いままですし、寝ている間に汗もかくので体内の水分は減っています。

どうしてもお風呂に入りたい時には軽めのシャワーにするか、

血圧が安定するまで小一時間ほど待ってからぬるめのお湯に入るようにしましょう。

ボディケアに最適なタイミング

何と言ってもお風呂上り!

お風呂上がりの保湿効果が高いのは油分の多いものを選びましょう。

基本的には、油分の多いものが保湿力の高いものと言われているので、

オイルやバターなどが一番保湿力が高いということになります。

油分が多いとべたつきがちと思うかもしれませんが、最近ではさらさらしたオイルなども多く発売されています。
保湿力を重視したいならそういうものを選ぶのもおすすめです。
 




スポンサーリンク


 

肘や膝のカサカサは尿素クリームでケアを

 

%e3%83%9c%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a0

 

この季節によくある悩みで肘、膝、かかとがガサガサ!

そんな時におすすめなのが『尿素配合のクリーム』です!

尿素が入ったクリームなら、塗るだけで角質を溶かしてくれる効果が期待できますよ。

衣服にも気を付けましょう。

暖房対策に欠かせないフリース素材などの化学繊維ものはできるだけ避けましょう。

なぜならば、皮脂をどんどん奪ってしまうことがあります。

肌に何度もこすれるような状態が続けば、かゆみやかぶれが起こることもありえます。

直接肌に触れるものは、素材にもこだわったほうがいいです

靴下、アンダーウエア、手袋、寝具などがあげられます。

冬のお肌の乾燥を防ぐには、手袋の内側はウールやカシミヤなど上質なものがオススメです。

顔はラップマスクがおすすめ

 

%e3%83%91%e3%83%83%e3%82%af%e4%b8%ad

 

お顔の保湿というと、『高級な化粧品を使わなきゃ効き目がない!』

と思う人もいるかもしれませんが、そんなことはありませんよ。

百っ均のシートパックの上から、ラップを乗せるだけ!

今の化粧品のままで、スキンケアの仕上げにラップマスクをするだけです♪

(目・鼻部分には穴をあけてくださいよ!)

顔のラップマスクと同時に唇もはちみつをたっぷりぬって、ラップマスクしてあげましょう。

後、顔の乾燥を防ぐには、マスクを使うという方法もありです。

通勤、通学、ショッピングなどマスクをすれば、自分の息で湿度が100%になります

できるだけ大きなマスクで頬まで覆ってしまうのが通勤いいです♪

冬こそ重要な保湿!まとめ

  • 身体を洗ってからお湯につかる。
  • ボディケアに最適なのはお風呂上り
  • 肘や膝のカサカサは尿素配合のクリームを使おう
  • 化学繊維のものはできるだけ使うのを控えよう
  • 肌に触れる衣服は上質な素材を選ぼう
  • ラップマスクが顔にはお勧め
  • 大きなマスクで顔の保湿ケアを心がけよう

保湿のポイントをしっかり押さえてこの冬の乾燥を乗り切ってくださいね。

 




スポンサーリンク


ABOUT ME
oban
猫の種類・猫の健康とケア・動画など猫に関する日記です。美容・健康・ストレッチもたまに出没